【美容鍼灸とは】

美容鍼灸は、鍼灸の技術を美容目的として用いるものです。東洋医学では、外見的な美しさは心身の健康のうえに成り立つものとして考えます。

この考えのもとに、伝統的な鍼灸技術を “人が本来持っている美しさを身体の内側から引き出すため”に用いるようになったのが美容鍼灸です。

欧米では、日本よりも早くから、美容鍼灸がシワの改善やリフトアップに効果的な美容法として取り入れられ、同時に健康の維持、増進にも効果があるとして支持されています。

昨今、日本でも、より健康的でナチュラルな美容法を求めるモデルなどが美容鍼灸を積極的に取り入れており、今後さらに広く利用されていくことが予想されています。

美容を目的とした顔面部への施術では、国家資格を有した鍼灸師が、しなやかで髪の毛ほどの細さの鍼を用いますので、痛みもほとんど感じることなく、安心して施術が受けられます。

美容鍼灸に対するイメージは、顔にたくさんの鍼を打つという印象が強いようですが、当院が行っている美容鍼灸では、お客様が抱える美容のお悩みに対して一面的に捉えるのではなく、中医学の考え方に基づき、肌トラブルの原因となっているお身体の不調や体質改善をめざし根本的な施術をしていきます。

 鍼灸の技術にはお身体の状態を診た上でその不調を整える効果があります。お身体の不調を整えることは、お客様が抱えている肌トラブルに対し、根本的な原因解決につながるものであり、それは結果としてお客様が本来持っている健康に基づく美しさを取り戻すことにもつながります。

 そのため、単に顔に鍼を打つだけの安易なものではなく、弁証論(問診、脈診、舌診)の理論と概念に基づいた技術をお客様に提供することを目指しています。

 現在、美白効果、シミ、シワ、たるみ、にきび、クマ、むくみの改善といった美容効果以外にも、女性特有の症状である冷え症、便秘、頭痛などの不定愁訴の改善にもつながります。

 

【美容鍼灸の作用】

1.お肌の新陳代謝

鍼を真皮に打つと、体は自己以外の異物が侵入したものとして活動を始めます。血液中に存在する免疫細胞・マクロファージが活発になり、異物を取り除こうとマクロファージが戦いを繰り返します。マクロファージの活動で放出された物質が刺激となり、線維芽細胞が自己増殖され、修復の主な材料であるコラーゲンが生成されます。

 

そのコラーゲンに支えられて毛細血管、リンパが発達し、そこへ流れ込む新鮮な血液が線維芽細胞に栄養や酸素を供給することで、コラーゲンの産出を促し、皮膚の新陳代謝が活性化されます。これらの作用によって肌質や小じわが改善されると考えられています。

 

2.お顔の筋肉の引締め

鍼を筋肉に打つと、緩んでいる筋肉は引き締まり、張りすぎて突っ張っている筋肉は緩む作用があるとされています。お顔の筋肉を引き上げながら鍼を打っていくことで、顔全体がリフトアップされるとともに、目元もパッチリし、表情がやわらかくなることが期待できます。

現在の閲覧者数: