子どもはり

 

何かが原因で弱っている免疫力を上げ、下記の症状を改善し、

 

自然のまま健やかに成長していけば、脳も筋肉も関節も健康体で育っていきます。また、自分の持っている自己治癒力を高められるカラダを形成します。

 

 

 

※小児施術(赤ちゃんの治療):小学生以下、大師流小児鍼(しょうにはり)。子どものハリ治療は刺しません。

金のてい鍼、銀のてい鍼でつぼを刺激したり、肌をなでます。

  

 


 

 

多い症状;

 

寝つきが悪い、夜泣き、ひきつけ、かみつき、怒りっぽい、

 

元気がない、食べない、食べむら、口内炎、腹痛(食べ過ぎ、

 

冷え)、嘔吐、お乳を吐く、便秘、下痢、モノを口に入れる、

 

おねしょ(4歳以上)、お漏らし、むくみ、風邪をひきや

 

すい、風邪治りかけ、せき、小児喘息、扁桃炎、鼻炎、

 

のどの痛み、アトビー性皮膚炎、チック症、じんましん、

 

頭痛、寝違え、仮性近視、歯痛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

 

 

 

 

 

 

 

現在の閲覧者数: