【腰痛・ぎっくり腰】

 腰痛・・・中医学では“腰は腎の腑”といいます。
 年齢と共に腰を養う腎の力が低下して、腰がだるく立っていられない、足元がふらつく、小水が近いなどの諸症状が現れます。

ぎっくり痛・・・重い物を持った時、突然の痛みに襲われる、
ぎっくり腰。筋と筋膜が犯されたぎっくり腰なら、1~2回の治療で完治します。
しかし、何回も繰り返すぎっくり腰や慢性の腰痛は、
腰椎になんらかの問題があることも考えられます。
レントゲンで問題なしと言われても、脊椎のカーブや、
長年酷使してきた椎間板が狭くなっている可能性もあります。


<治療方法>
 針で腎の力を補って腰痛を改善していきます。
 坐骨神経痛も同様に、筋肉が原因の時と腰椎に問題がある時とで、
治療回数は変わっていきます。

現在の閲覧者数: